reform

seismic diagnosis
耐震診断について

資料請求・無料相談・診断
資料請求・無料相談・診断
大和建設のリフォーム
耐震診断と耐震補強

大切なお住まいはしっかりとした耐震診断が必要です。

昨今の大型地震や東海地震がおこると言われている中、自社の中に耐震補強を専門に施工する耐震事業部を設置し、全てのお客様のご相談から工事までの対応をさせて頂いております。

以下の項目に当てはまる方は、耐震診断をおすすめします!
check!
耐震診断士から一言
耐震診断士から一言
  • 昭和56年5月以前に建てられた建物である

  • 10年以上リフォームを行っていない

  • 過去に大規模なリフォームを行ったことがある

  • 中古住宅の購入を考えている

  • 自宅のリフォームを考えている

耐震診断の対象となる家屋は、以下の全てに該当するものとなります。
  • 木造在来工法2階建て以下
    の家屋であること
    枠組壁工法(2×4住宅)、鉄骨造、コンクリート造、混構造(木造とその他の構造の混在)、伝統工法、3階建て以上の物件の耐震診断は承ることが出来ません。
  • 昭和25年以降平成12年5月までに着工された家屋であること
    平成12年6月に建築基準法が改正され、耐震に関する基準が強化されました。その後に建築された家屋は、基本的に改正後の建築基準法に則って建てられているため、耐震診断は承っておりません。
  • 持ち家であること
    借家の物件の耐震診断は承ることができません。
    ご自身、またはご家族の持ち家であることが耐震診断の条件となります。
FEATURE
地震に弱い家の特徴
  • 屋根が重く、自身に抵抗する壁が少ない。

    屋根が重く、自身に抵抗する壁が少ない。

  • バランスが悪い。

    バランスが悪い。

  • 劣化している。

    劣化している。

  • 地盤・基礎に不備がある。

    地盤・基礎に不備がある。

耐震工事事例集
施工についての詳細も明記しておりますので、
ご参考にしてください。
耐震工事事例集
FLOW
耐震診断の流れ
国土交通省住宅局監修の診断と補強に準じて、
地盤・基礎・壁老朽度・壁割合・建物の形・筋交いをお調べいたします。
  • STEP

    01
    step1
    耐震診断の概要・調査内容
    お住まいの状況などの確認
  • 耐震診断の流れ
  • STEP

    02
    step2
    調査スタート
    調査項目

    屋外・屋内・外周・基礎
    屋根裏・床下

  • 耐震診断の流れ
  • STEP

    03
    step3
    調査表に記入
    診断書の作成・説明
MODEL HOUSE
モデルハウス見学会

ご予約は不要です。お好きな日時でお越しください。
見学だけではなく、「家づくりって何から始めたらいいの?」
そんな家づくりのお悩みもお気軽にご相談ください。

  • 見るだけがいい

  • 費用について知りたい・・・

  • 何からスタートしたら
    いいか教えて !

  • ちょっと相談したい !

  • ちょっと聞きたい !

スタッフ常駐ですので、お気軽にお越しください。

10:00~17:00/毎週水曜日定休(祝日は除く)